安心・安全・地震に強い タイル・石材の剥離落下防止金物

ヒロ結合工法 

タイルや石材を安全に張るために
 独自のヒロ結工法を開発しております

特許を約40件取得

自社開発で特許を約40件取得しており、内・外壁のタイルや石材の剥離防止に徹底した様々な工法を生み出している。

種々のタイル・石材をあらゆる躯体に施工可能

組み合わせ、専用のビスやアンカーを使い分ける事により、自社特許製品の金物を組み合わせ、種々のタイル・石材をあらゆる躯体に施工することが可能である。

安全に施工する技術を提供

地震による建物の変形・変位に追従する工法であり、地震多発国である日本において、タイル及び石材を安全に施工する技術を提供する。

ヒロ結合工法の特徴

  • 専用タイルを必要としない

 タイル・石材・レンガなど多種多様な形状や素材を何千、何万種類の内・外壁材ら好きに選ぶことのできる工法である。                  

  • 改修工事の際、既存の内・外壁材を撤去する必要なし

 既存の内・外壁材の上に直接金物基盤を張り付けるため、廃材を少なく抑えることが出来る。(乾式内・外装材は除く)

  • 強度の高いステンレス及び新鋼板のパンチングを使用

 無数の孔に接着剤が通過し絡まることで固定強度が増し、タイルや石材の落下を防ぐ。また、タイルや石材を結合した基盤と下地材(躯体)との間に隙間を設けることによって水分が滞留することなく、白華現象を抑制することができるとともに、凍害にも有効な工法である。

  • 高度な職人技は必要なし

​ 構造体に取り付けた金物基盤に沿ってタイルや石材を張り付けていくので、抜群の作業効率と高い品質の仕上がりを可能にした。

  • 地震の揺れにも安全

 金物基盤とタイルや石材を結合させ、躯体の動きと絶縁させる事により、地震の揺れに対して安全性が向上する。

主な工法紹介

代表的な工法を簡単に紹介しております。他にも多数工法がございます。

下記の全工法、木造・鉄骨造(鉄骨・LGS・ALC・ECP)・RC造に対応しております。構造体によって仕上げ材の厚み(重量)制限がございます。

 超大形タイル張り工法 〜超大形タイル〜

正・長方形のタイル・石材 他

高さ:最大約1600×3300㎜

厚み:制限あり

下記3種類の工法を使い分けます

【ALC造・ECP】

超大形ビームハールロッキングパネルシステム

【木造・鉄骨造・RC造】縦張り

超大形ビームハールロッキングスライドシステム

【木造・鉄骨造・LGS造・ALC造・RC造・ECP】横張り

超大形ビームハールスライドシステム

最大3.3m×1.6mの超大形サイズで薄くて軽いデザインタイルが、海外から日本国内へ近年数多く入ってきております。「超大形タイルを外壁に安全に施工したい、けれどなかなか難しい」とお客様から多数ご相談を受け、ご要望にお応えすべくこの工法を新しく開発しました。

ビームハール工法 ~大形タイル・石材~
 令和元年度関東地方発明表彰 中小企業長官賞受賞

正・長方形のタイル・石材 他

高さ:約300㎜~600㎜(金具取付けピッチ)

幅:サイズ制限なし

厚み:制限あり

特に、厚みのある大形タイル・石材に適しています。

新ビームハール工法 〜大形タイル・石材〜

正・長方形のタイル・石材 他

高さ:約200㎜~600㎜(金具取付けピッチ)

幅:サイズ制限なし

厚み:制限あり

特に、10㎜前後の厚みの大形タイル・石材に適しています。

ドットハール工法 〜好きな形を好きなデザインで〜
 平成三十年度関東地方発明表彰 発明奨励賞受賞

○形・△形・□形・乱形等のタイル・石材 他

裏面がフラットなもの

約50~300㎜サイズ

厚み:制限あり

方形・乱形の場合

裏面がフラットなもの

高さ:1200㎜まで

幅:約50~300㎜まで

厚み:制限あり

裏面がフラットであれば、あらゆる形状のタイル・石材1枚1枚をドットハール基盤の上で専用の荷重受けピンを使い、お好きな場所・向き・パターンで施工することが可能です。

新シュタールネット工法 〜好きなピッチで作成可能〜

正・長方形のタイル・石材 他

ボーダーからH300㎜までのサイズ

高さ:約50~300㎜

幅:サイズ制限なし

厚み:制限あり

ヨコ目地が通るタイル・石材であればタテ幅のピッチを自由に選択し金具を作成(受注生産)することが出来ます。二丁掛タイルやコバ積みの石材、パターン張りなど物件ごとに幅広い種類・デザインを施工可能です。

新シュタールネットV型工法 〜乾式引っ掛けタイル用〜

ボーダーから四丁掛けのタイル

裏足が乾式タイルのもの

高さ:約50~150㎜

幅:サイズ制限なし

厚み:制限あり

裏足が乾式タイル専用の工法です。タテ幅のピッチを自由に選択し金具を作成(受注生産)することが出来ます。乾式の二丁掛タイル・三丁掛タイル・四丁掛けタイル・ブリックタイル・ラップ式など多種の乾式タイルを選択可能です。

新シュタールネットダイヤ工法 〜ひし形張り〜

正方形・六角形・正三角形・のタイル・石材 他

約300~900角

厚み:制限あり

正方形や正三角形などの斜め張り(45度金具)を施工可能です。また、60度・120度などの金具でも施工出来ます。

他にも様々なご要望にお応えして、
 最適で安全な工法をご提案させていただきます。
ぜひお気軽にご相談ください。

施工例写真 

テラコッタタイル

タイルオンタイル

3種パターン張り

他にも多くの工法がございます。まずはご相談下さい。